腰痛特化治療

   

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 仕事中の腰の痛みが気になる
  • ギックリ腰を何度も繰り返している
  • 慢性的な腰痛をあきらめている
  • お尻や足のしびれ・痛みがある
  • 湿布や痛み止めを常用している

ギックリ腰・慢性腰痛はさいたま市大宮区で世界腰痛ガイドラインに沿った腰痛専門治療を行う大宮名倉堂接骨院にお任せ下さい!

その場しのぎの施術ではなく

骨格矯正×筋膜リリース×特殊電療機器+オーダーメイドセルフケア提案

で再発防止を視野に入れた腰痛の根本解決を目指します。

腰痛の85%は腰以外に原因がある?

腰痛の85%が原因不明だった

現在推定2800万人の方が腰痛を感じているといわれています。日本の人口から考えると約4人に1人の割合で腰痛があることになります。その中でも40~60代の中高年の方が占める割合が大きいです。腰痛の分類について厚生労働省からこんな発表もされています。

≪腰痛の15%は「特異的腰痛」、残りの85%は「非特異的腰痛」である。≫

「特異的腰痛」とは、骨折・脊髄腫瘍・感染など原因がはっきりと特定できるものです。それに対して「非特異的腰痛」とは、画像所見や理学所見では原因を特定できないものです。なんと腰痛患者様の8割上の方が医療機関で原因が不明であるにも関わらず単なる腰痛と診断されているのです。 本来MRIでしか写らない椎間板もレントゲン検査のみでつぶれていると言われヘルニアや脊柱管狭窄症と診断されてしまう場合があります。何度も言いますが腰に原因があり腰痛を引き起こしている可能性は全体のわずか15%です。

画像診断と腰痛は無関係?日本の腰痛治療は遅れている?

現在、医学はどんどん進化しています。レントゲン、CT、MRI等の画像診断は著しい発展を遂げています。しかし、様々な研研究データで「画像所見と腰痛との間に関連性はない」と証明されています。画像診断では骨折やすべり症などの診断はできますが、その診断が必ずしも腰痛に繋がっているとは証明できないのです。世界腰痛ガイドラインでは単純腰痛のレントゲン検査は必要ないともいわれています。単純腰痛の検査でレントゲン検査を行うのは先進国の中では日本だけです。

なぜ原因不明なのか?

なぜ85%もの腰痛患者が原因不明なのでしょうか。それは、検査が不十分だからです。

85%の腰痛患者は画像所見や理学所見に異常がなければ、原因不明であると診断されています。

これに対して疑問を感じませんか?

逆転の発想をすると、画像所見や理学所見に異常がないというだけで原因不明と診断されてしまっているのです。たったこれだけの検査で原因不明と診断されているのが現実です。

今まで腰痛があった時にどのような検査を受けましたか?多くの方が医療機関を受診し、簡単な問診を受け、レントゲン等の画像診断をしたと思います。そこで、明確な異常所見が見られなければ、

「少し骨と骨の間が狭くなっています」

「年のせいで背骨が曲がっています」

と言われ、湿布や鎮痛剤を処方されて終わり。

といったことが多いのではないでしょうか?(もちろんそうではない医療機関もたくさんありますが。)

実際の臨床場面ではたくさんの患者様が来院されるため、一人当たりに診察を掛けられる時間が限られてしまうのが現実です。

例えば一人当たり20分の問診をしたとします。すると一時間当たり3人しか診察できないことになります。決して病院を否定しているわけではありませんが、それでは病院経営が成り立ちません。もちろん外科的な手術や、薬物療法など病院でしか治らない重篤な腰痛もあります。

しかし、問題があるレベルなのかどうか、患者様側と医師側でギャップがあるのも事実です。現実的な問題として、患者様側としては腰痛という症状を抱え、医療機関を受診したにも関わらず、医師側としては明確な異常所見がないため、問題がないレベルと判断するケースが多くみられます。

そこで、腰痛患者様の対応には役割分担が重要になってきます。15%の特異的腰痛であれば医療機関で適切な治療を受ける必要があります。そして、85%の非特異的腰痛(腰以外に原因がある腰痛)であれば、患者様一人一人ゆっくりと時間を持って検査をしていく事が可能な環境で、症状改善を目指していく必要があります。そうすることで、腰痛の根本的な原因にたどり着ける可能性が高くなります。

・骨格のゆがみの検査

・全身の筋膜のゆがみの検査

・どの動きで痛みが出るか

・痛みの出る時間帯はいつか

・今まで受けた治療はどうだったか

・飲んでいるお薬の種類

・内科疾患の確認

・ケガ・手術の既往歴

・生活習慣はどうか

・職場でのストレスはどうか

・身近な人との関係性はどうか

など当院の初診のカウンセリングでは細かいところまで徹底的に評価していきます。基本的には初回の問診に20分以上は時間を掛けます。多い時では30分以上かける場合もあります。なぜならば、そこに腰痛の原因がある可能性が高いからです。この問診で原因を見つけない限り、腰痛が改善する可能性は低いです。改善する可能性もありますがそれは偶然です。当院では徹底的な問診と検査により、偶然ではなく根拠に基づいた施術をすることができます。

当院は初回のカウンセリングと徹底的な検査にこだわることで結果を出すことができるのです。

世界腰痛ガイドラインとは

世界の先進国の中で日本の腰痛治療が遅れをとっている事実はご存知でしょうか?

下記は世界腰痛ガイドラインの一部の例になります。

ギックリ腰の安静は3日まで。それ以降は積極的な活動が望ましい。

コルセットはしてもしなくても治療効果は変わらない。また、コルセットをすることで筋力の低下はほとんどない。

けん引療法、低周波電気治療の治療効果の証明はできていない。

慢性腰痛(3ヶ月以上)の運動療法は効果的である。

急性腰痛(4週未満)の運動療法は効果が期待できない。

ブロック注射の腰痛に対する効果について一定の結論は得られていない。

単純腰痛でレントゲン検査は必要ない。

腰痛治療において手術(脊柱固定術)とリハビリテーションとは効果に明確な差はない。

鍼治療は慢性腰痛に対して効果があるとは言えない。

 

など、病院の治療を否定するつもりは一切ありませんが、今受けられている治療で一定の効果が得られていない場合は治療方法や対処法が間違っているかもしれません。

当院では上記のようなその場しのぎの施術は一切行わず

骨格矯正×筋膜リリース×特殊電療機器+オーダーメイドでのセルフケア提案 

で腰痛の根本改善を目指していきます。

悩まれている腰痛を根本的に改善したい方は一度当院にご相談ください。