突き指(つき指)

   

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • ボールが指に当たり突き指をした
  • 骨折しているか不安
  • 腫れがひどく内出血している
  • 指が曲がらない程痛みがある
  • 大事な試合が近いので早く治したい

大宮名倉堂接骨院の突き指(つき指)の施術方法

当院では突き指の症状で来院された方は超音波画像診断装置(エコー検査)を行い骨折があるかどうかの判断を行い施術に移ります。一般的な病院や整形外科ではレントゲン検査を行い骨折の有無を確認します。しかし、レントゲン検査では骨以外の組織は写りません。突き指の重症度の度合いを確認するためにエコー検査は必須だと考えます。突き指では掌側版と呼ばれる軟骨や靭帯損傷を伴う場合が多いので軟部組織の損傷度合いをエコー検査で確認をして、適切な固定期間や施術方法で最短で現場復帰できるようサポートいたします。

最速で現場復帰をしていただくために・・・

当院では超音波コンビネーション治療器や立体動態波、マイクロカレント低周波、ハイボルテージ特殊低周波などさいたま市大宮区では珍しいトップアスリートも愛用の施術機器を多数完備しております。特に超音波治療器では正しい使用方法を行うと突き指や捻挫、骨折などの治療期間を約40%早めてくれるというデータもあります。当院では患部の状態に応じて施術機器を適切に使用しとにかく早く痛みを取り一日でも早い現場復帰のサポートをさせていただきます。

~当院自慢の充実した施術機器はこちら~

突き指のエコー画像

 

突き指を放っておくと・・・

『よく、突き指は引っ張ると早く治る』などの話を聞いたことがあるかと思いますが、解剖学的にそんなことはありません。適切な処置としてはアイシング・固定・圧迫が基本の処置になります。骨に異常が無いから大丈夫だと思い込み、突き指を固定せずに放置すると痛みが長引くだけでなく関節の変形や不安定感が残ってしまう場合もありますので早い段階での整形外科や接骨院の受診をオススメします。ケガを早く治すためには早期に治療開始し適切な処置や施術を行うことが一番です。